トップページ > その他 > インプラントの上部構造について

インプラントの上部構造について



インプラント
は歯を失った部位に、純チタン製のインプラントフィクスチャーを埋入し、それを人工の歯根として歯をつくる治療法です。第二の永久歯、歯を再生することのできる治療法といえるでしょう。インプラントフィクスチャーを骨内に埋入し、その上にアバットメントという「土台」をさしこみ、ネジ(スクリュー)で固定します。そこに上部構造という義歯を接着材で固定します。このような上部構造をセメントリテイン方式の上部構造といいます。上部構造には原則2種類ありますが、1つをセメントリテイン、もうひとつをスクリューリテインといいます。