トップページ > かみあわせのブログ > かみしめ 危険 (東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科)

かみしめ 危険 (東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科)


(上写真をクリックしていただけると拡大表示されます)

〇 奥歯がしみる
〇 奥歯でかむと痛い・違和感がある
〇 奥歯の詰め物がよく取れる
〇 奥歯が折れた

これ、奥歯の捻挫です。上の写真をごらんください。
奥歯4本に、青い点の接触があります。これはギリギリと動かした時に接触していることをあらわしています。

正常な噛み合わせでは、ギリギリした時に奥歯は接触しません。(かみあわあせのチェックはこちらをクリック)

この青い点の接触があると、「かみしめ」を助長して、奥歯の負担が強くなります。奥歯が捻挫しているような状態です。「奥歯で噛むと痛い、冷たいものがしみる」といった症状は、これが奥歯のかみしめが原因でしょう。


(上写真をクリックしていただけると拡大表示されます)

奥歯でかみしめている方の歯肉は、凸凹しています。これを骨隆起といいます。強い力でかみしめるため、骨が添加するのです。かみしめると歯は内前方に倒れ込みます。これにより、年々下前歯の歯並びが重なってきた?なんて患者さまもいらっしゃるのではないでしょうか?これはかみしめが原因といえます。

昔は「しっかりかんでたべましょう」「硬いものを噛むと歯並びがよくなる」「くしばって頑張れ!」などの言葉がよく使われました。間違いではないのですが、それによる代償を受けるのは「歯」です。

歯にとって、「かみしめ」ていいことはありません。
もし、かみしめざる得ないのならば、マウスピースを装着することをおススメしています。また、寝ているときのかみしめや歯ぎしりにも効果的です。お気軽にご相談ください。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。