トップページ > インプラントのブログ > インプラント 2回目の手術 東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科

インプラント 2回目の手術 東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科



3カ月前に歯根の外部吸収により、右上の前歯(側切歯)を抜歯した症例。

両隣接歯がキレイな天然歯であったこともあり、ブリッジ治療を避けるために、抜歯と同時にインプラントを埋入設置する「抜歯即時インプラント手術」を行いました。
(抜歯即時インプラント手術についてはこちらをクリックしてご参照ください)

上写真は、抜歯即時インプラント手術3か月後の口内写真です。白い矢印部分仮歯であり、インプラントを埋入設置した箇所です。

インプラントは埋入後、数カ月安置して、歯槽骨とインプラントフィクスチャーが結合する期間が必要です。

しっかりと結合した後は、粘膜下に埋められたインプラントを頭出しして粘膜を貫通させるために、2回目の手術が必要となります。


粘膜下に埋められ設置されているインプラントフィクスチャーを無痛麻酔後に切開します。粘膜を貫通させるためのキャップ(ヒーリングキャップ)を装着し、粘膜を縫合して終了です。約30分程の治療です、治療後に痛みや腫れなどはありません。



ヒーリングキャップ装着後は、粘膜を縫合します。その後、仮歯を装着し2回目の手術は終了です。1週間後に抜糸し、その1カ月後には型どりをして、その2週間後には治療は終了です。

インプラント治療について心配な点、ご質問などございますときはお気軽にご相談ください。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。