トップページ > インプラントのブログ > インプラントの治療期間(東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科)

インプラントの治療期間(東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科)

歯を失ったところの歯槽骨内に人工の歯根を埋め込み、歯を再生させるインプラント治療。治療期間についてご説明いたします。



症例により異なりますが、抜歯後の歯槽骨の治癒を6カ月から1年待ちます。
その後、インプラントを埋入する手術を行い、インプラントと歯槽骨が結合するのを待ちます。下顎で2~3カ月、上顎で3~4カ月です。

その後、埋めたインプラントフィクスチャーの頭出しを行う2回目の手術を行い、1か月後に型どり。治療が終了となります。

これに対して、当院では、抜歯と同時にインプラントを埋入設置する抜歯即時インプラント手術を行っております。

〇 抜歯したところにインプラントを埋入設置するため、骨を削らなくて済む。
〇 抜歯と同時にインプラントを埋入設置するため、手術回数・治癒期間が短縮できる。
〇 術後の腫れや痛みが少なく快適である
〇 無理な造骨(骨をつくる手術)をしないため、期間・費用・痛みが軽減できる。



実際の当院のインプラント治療の流れについて、通常埋入手術と抜歯即時インプラント手術に分けて具体的にご説明しております。ご参考ください。