トップページ > フェイスブック > 上顎第1小臼歯 根管治療

上顎第1小臼歯 根管治療


〇 夜、寝ているときにズキズキ痛みがある。
〇 冷たいものがしみる。
〇 噛むと痛い。

右上第1小臼歯に痛みがあり来院された患者さまのレントゲン写真で口内写真です。
むし歯は神経深く進行していたため、ラバーダムを装着した上で治療に臨みました。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。歯を溶かしながら内部へと感染を拡げます。むし歯を削る際に唾液が混入することは、治療の妨げだけでなく、細管感染の原因となるため、ラバーダムが必要です。

右上写真で肉眼の約3倍拡大した状態です。肉眼では見えていないに等しいと言えます。根管治療だけなく、歯科治療には拡大鏡あるいはマイクロスコープが必要です。


長期にわたるむし歯の進行により、神経は小さくなり、肉眼でみてもどこに神経があるのかわかりづらい状況です。マイクロスコープで見ながら慎重に根管治療します。右写真は12.5倍拡大した写真で、神経のある根管が明確となった状態です。高倍率で黄色矢印先を観察すると、2つの根管がつながっていることがわかりました。

根管治療には、歯科医師の知識と技術と経験があるのは当然ですが、その上でラバーダムマイクロスコープor拡大鏡が必要です。

当院では徹底した治療を行います。ご相談下さい、しっかりと拝見します。



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。