トップページ > インプラントのブログ > 抜歯してインプラント 虎ノ門歯医者

抜歯してインプラント 虎ノ門歯医者

歯ぐきの腫れを主訴として来院されました。噛んだ時の違和感と少しの腫れ。症状はこれだけです。

レントゲンで拝見すると、2つある歯根のうち1つが竹を割ったように真っ二つに割れてしまっていました。そこに、口内細菌が感染し、膿んでしまっていました。

縦に割れてしまった場合は、これ以上歯を支える骨(歯槽骨)をなくさないためにも早々の抜歯が必要となります。

抜歯後の治療法としては、ブリッジ・入れ歯・インプラント。患者さまは両側の健康な歯を削ることなく治療をしたい!とのご希望があり、インプラント治療となりました。まずはCTで精査です。



CTを撮影し、0.08mm刻みの精度を誇るCT画像上でインプラントシミュレーションを行います。インプラント治療には必須の診査です。患者さまとも相談し、治療期間・手術回数などを極力軽減できる抜歯即時インプラント手術」を行うこととなりました。



抜歯即時インプラント手術後のCT確認画像です。
抜歯してできた「穴(=抜歯窩といいます)」に、インプラントフィクスチャーを設置します。次第に隙間は骨で見たされ治癒します。自然治癒に任せた痛みの少ないインプラント手術です。当院では、通常のインプラント手術に加えて、抜歯即時インプラント手術も行います。治療期間を短縮し、手術回数を少なくした痛みのより少ない手術方法です。



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。