トップページ > インプラントのブログ > 抜歯と同時にインプラント 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者

抜歯と同時にインプラント 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者



インプラントの隣の歯が揺れてきたので来院されました。拝見すると、歯根は真っ二つに折れています。残念ではありますが、放置はできません。抜歯と同時にインプラント治療をすることとなりました。

本症例の患者さまは以前にもインプラント治療を当院でされていることもあり、かみあわせやインプラントへのご理解がありました。治療期間の短縮・痛みの軽減・周囲歯槽骨の保存を考慮して、抜歯即時インプラント手術となりました。



インプラント治療にはCTが必須です。下顎臼歯にインプラント埋入する際には、骨内にある神経に触れないように(神経とインプラント距離を最低2mm確保)する必要があります。当院では、術前に必ずCTを撮影し、埋入するインプラントフィクスチャーサイズを選択します。紫色で示した神経をCT画像上に明示することで安心確実なインプラント治療が可能となります。以下に実際の手術中の写真をご提示します。


当院のすべての治療・手術は、無痛麻酔・無痛治療です。抜歯前に歯科衛生士による徹底したクリーニングを施してからの手術です。抜歯即時埋入手術では、可能な限り周囲の歯肉を傷つけずに丁寧に抜歯します。そうすることで、術後の痛みが軽減されるとともに、治癒の促進にもつながります。抜歯して出来た穴(抜歯窩)に、インプラントフィクスチャーを埋入設置します。不要な骨削除処置がないため、術後の痛みが軽減されます。



インプラント
フィクスチャーを埋入する際に使用する専用器具「インプランターネオ」を使用して低速で丁寧にインプラントフィクスチャーを骨内に埋入設置します。当然ではありますが、まったく痛みはありません。骨が治りやすいように、人工骨(β-TCP)やテルプラグなどの追加処置を加えて手術は終了です。時間にして20分くらいでしょう。(抜歯即時インプラント手術の流れにつきましてはこちらをクリックご参照ください)

インプラント治療は、根管治療やむし歯治療(冠やブリッジ)などの歯科一般治療と比較して、患者さまの負担(治療時間、治療回数・来院回数)のとても少ない治療法です。

いつでもご気軽にご相談下さい。



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。