トップページ > フェイスブック > CT&マイクロスコープ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者

CT&マイクロスコープ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者



左下奥歯の違和感で来院された患者さま。主訴となる左下奥歯は、他院で以前治療された経緯があるようで、「レントゲンでみると歯が折れているので様子見てみましょう」との説明が担当医よりあったとのこと。「折れているところを樹脂で詰めて固めれば大丈夫」との説明を受けていたこともあり、当院でも「同じようにやってもらいたいのですが?」とご希望がありました。しかし、折れている状態をそのまま放置はできません。診査だけでもさせて頂きたいとご説明させていただき診せていただくことになりました。

奥歯は2層目の象牙質まですり減った状態。相当なる歯ぎしりが推察されます。レントゲンでみると歯の周りはぼんやりと黒く写っています。まわりの歯槽骨が溶けてなくなっている様子がうかがえます。


マイクロスコープで観察しつつ、詰めてある樹脂を丁寧に慎重に外してみると、破折線が認められました。根管治療も適切になされていないようです。CTで精査すると、歯の周りの歯槽骨は黄色の点線の範囲まで広範囲に溶けてなくなっていました。相当我慢をなさっていたのではないでしょうか…。患者さまに説明をさせて頂き、早々に抜歯することとなりました。

今回のように、歯根先端に至る破折は原則抜歯です。理由は破折した隙間に細菌が感染し、周囲の歯槽骨を失ってしまうから。その歯を支える歯槽骨は、隣の歯を支える歯槽骨でもあります。抜歯時期を遅らせることで、いたずらに歯槽骨をなくす必要はありません。

現在の歯科医療では、マイクロスコープCTの台頭により、「やってみましょう!がんばってみましょう!」という「やって上手くいくかどうかわかりませんが、やってみましょう!」的な治療はなくなりました。術前のマイクロスコープCTによる診査で、上手くいくかどうかは「術前」にわかります。できるかどうかわからないのは、「術者である歯科医師の知識と技量」によるのです。

歯医者には、治療ではなく、予防で通うべきです。治療をするなら徹底した診査と治療でやり直しのないことが大切ではないでしょうか?

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。