トップページ > フェイスブック > 根管治療 腫れ 痛む

根管治療 腫れ 痛む



右下奥歯のむし歯を原因として頬から顎下部(顎の下)まで腫れて来院された患者さまの根管治療。来院時に心臓の鼓動に一致したズキズキとして痛みがありました。麻酔を効かせ、ラバーダムを装着し、むし歯を除去すると、歯の内部から排膿(膿がでること)と出血がありました。急性炎症時(ズキズキした痛みがある時)は麻酔が効きづらいことがあ
ります。麻酔を効かせ、根管内より出血・排膿させることで、痛みが和らぎます。

マイクロスコープにて根管内を清掃します。下顎第一大臼歯は、3根管(3つの神経)であることがほとんどですが、この症例では、近心2根管がフィンで結合しつつ2根尖、遠心2根管はフィンで結合し、フィンを超音波チップにて丁寧に除去することで、実は1根管という変形根管でした。

むし歯が深く進行し、根管内で炎症を起こし、膿が発生するも逃げ道がなく、その逃げ道として、歯周囲の頬へと膿が波及、”腫れる”という症状とズキズキする痛みが発症していました。膿の出る道をつくってあげることで、痛みは和らぎますが、根管内へ感染した細菌を除去せずに治癒はありません。根管内を徹底的にキレイにします。

感染汚染された根管内を削りとり、薬液を使用して洗浄します。薬液にはNaOCl(次亜塩素酸)を使用します。次亜塩素酸には最適な有効塩素濃度が存在します。強すぎると組織為害性があるため、当院にて最適な有効塩素濃度に調整し使用しています。

またこのような薬液が根管内に到達するためには、ある程度の根管内の太さが必要です。その太さは、#40(0.4mm=400μm)以上大きさが必要であると文献にあります(Ram et al 1977)(Zahnder 2006)。

上写真は、ニッケルチタンファイル06テーパーにて根管内を拡大清掃が終了した状態です。排膿出血もおさまり、痛みは緩解しています。

無菌的環境を整えた上での根管治療。治療のコンセプトが大切であるとともに、そのコンセプトを実現する機器器材も必要といえるでしょう。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。