トップページ > その他 > 再根管治療 樋状根 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者

再根管治療 樋状根 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者


他院にて根管治療をしたが、痛みがとれずにご紹介にて当院を受診された患者さま。

下顎第2大臼歯は、通常2根・3根管(2つの歯根に3つの神経)です。

この歯は、2つの歯根が癒合(くっついてしまっている)し、その中にある根管もくっつき「樋状」になっています。これを樋状根といいます。

樋状根の根管治療は難易度が高く、根管内の清掃が行き届かず、痛みや違和感が残ることがあります。

そのため、樋状根の根管治療では、マイクロスコープCTを駆使し、根管形態を明確に把握した上で治療に臨む必要があります。


前医の施した根充材を丁寧に除去します。根管治療中に唾液が混入することは、治療を阻害するだけでなく、再感染の機会を与えるため、ラバーダムは治療に必須です。マイクロスコープで見ながら徹底的に根管内をキレイにします。

根管内をキレイにした後は、薬液を使用してPUI(passive ultra irrigation=根管内を薬液にて超音波洗浄します)。その後は水酸化カルシウムを貼薬し、1週間根管内を消毒します。1週間後、痛みがなくなったことを確認し、広がっている根尖をMTAで封鎖します。


MTAセメントの硬化を数日待ち、その後、通常の根管充填を行い、根管治療は終了です。術前と術後の根管充填の写真を比べて頂くと、その違いがわかるかと思います。

以前は歯科医師の経験と勘に頼った盲目的な根管治療は、現在、ラバーダム+マイクロスコープ+CTを使用することで、「歯科医師の目でみてしっかり治せる」治療に進化しています。お困りの際はご相談ください。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。