トップページ > フェイスブック > 根管治療 マイクロスコープ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者

根管治療 マイクロスコープ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者



根管治療に限らず、マイクロスコープを使用して診療することが多くなりました。裸眼・肉眼では見えないところが見えることで診査・診断の精度が向上します。



日々の臨床で、マイクロスコープの効果は絶大なるものです。左写真は肉眼の3倍拡大。肉眼ではこの3分の1に見えるということ・・・つまり肉眼では見えていないといえるでしょう。見えていなくても、経験と知識で何とかなったのが以前の医療ですが、現在ではそうはいきません。上記症例では差し歯が外れての来院。マイクロスコープと染色液で観察すると、歯が折れていることが分かりました。患者さまと相談して近々に抜歯即時インプラント手術の予定となりました。



再根管治療の症例。近心頬側根の根尖が以前の治療により破壊、膿んでいました。根管内を徹底清掃し、破壊された根尖にMTAセメントを貼薬。MTAセメントは生体親和性が高く、水酸化カルシウムを長期的に放出し、生体を治します。


上顎小臼歯の根管治療症例。上顎前歯の歯根は1本ですが、後方に行くにしたがい、噛む力を支えなくてはならないことから、歯根が2つ・3つと増えていきます。上顎小臼歯はその移行期の歯。そのため、歯根が2つだったり1つだったり。またその中にある根管も1つだったり2つだったり、つながっていたり。つながっているのをフィンを言いますが、そのフィンを除去しないと痛みが改善されません。除去の際は、マイクロスコープとCTで安全に除去できます。フィンを除去してPUI。その後は水酸化カルシウムで1週間経過観察すると痛みは消失します。根管治療ではラバーダム必須です。

こんな感じの根管治療を日々行っております。ブログで根管治療を多く取り上げているからでしょうか?最近、根管治療の問い合わせが多い。根管治療の名医でも専門医でもないのに、結構な症例数(笑)。日々精進、がんばります!


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。