トップページ > 咬合治療 > 咬合に留意した治療

咬合に留意した治療

宮﨑歯科医院では、「咬合」に留意した歯科治療を行います。

  かみ合わせ治療の症例についてはこちらをご参照ください←クリック

人間には自分自身で治す力がもとより存在し、歯科疾患においても例外ではありませんが、内科的疾患と異なり、歯は失うと元には戻らない硬組織の疾患です。

そのため、義足や義眼と同様に、入れ歯や冠・つめもの、インプラントなどを代用として口内に装着し、機能回復の術とする必要があります。これには「咬合」という概念が重要な役目を果たしてきます。

咬合の異常」は、様々な症状を口腔内だけでなく、頭頸部から全身に引き起こします。
歯科治療の目的は咀嚼機能の回復です。食物を摂取、咀嚼できなくては生物は死に至るだけでなく、全身に様々な悪影響を及ぼします。歯科治療において、咀嚼機能の回復は最重要であり、つまりは「咬合治療」がとても大切になるのです。

しかし、その専門性の高さより、残念ではありますが、すべての歯科医師が適正な咬合治療を行える状況にはありません。

宮﨑歯科医院では、当院院長が日本歯科大学付属病院歯科補綴学教室第一講座(咬合治療を主とする分野)にて研究、教育、臨床に携わった経緯より、咬合に留意した治療を実践しております。


噛み合わせでお悩みの方はご相談ください。

咬合治療の大切さについて←クリック

咬合と顔貌との関係について←クリック