トップページ > フェイスブック > 根管治療 マイクロスコープ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者

根管治療 マイクロスコープ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者

他院にて1年以上にもわたって根管治療するも痛み・違和感が消えずに当院を受診されました。

症状は噛んだ時の違和感と軽度の痛みです。腫れたり、ズキズキしたりすることはありませんが、いつも違和感がとれないとのこと。

レントゲンでは大きく曲がった歯根が写っています。
一見、十分な根管治療根管充填が為されているようにみえますが、レントゲンは概略を把握するには優れていますが、像が重なるために詳細なところはみえません。

当院のCTにて精査することとなりました。



がった根管をCTで精査します。曲がりが強いとステンレスの根管治療器具(ファイル)では先端まで十分に治療できないことがあります。そのため、当院ではステンレスとNi-Ti(ニッケルチタン)のファイルを使い分けています。
CTでは様々な方向から精査することができます。上写真より、先端まで根管治療が十分に為されていないことがわかりました。


ラバーダムを患歯に装着し、治療中に唾液が混入しないように配慮します。赤色矢印の先に光るものがあります。マイクロスコープと超音波チップで慎重に丁寧に除去します。前医での根管治療の際に折れたステンレススチール製のファイルであることがわかります。除去することで、初診時の痛みは一気に軽減しましたが、まだ違和感が残っています。


根管治療をさらに進めます。
赤色矢印の先にある穴が前医の器具が刺さり出来た穴です。黄色矢印が本来の根管。この本来の根管をキレイにすると、痛みはなくなりました。出来た穴を塞ぐには、通常用いる根管充填材では不十分です。MTAという薬剤で封鎖します。これで痛みと違和感がなくなります。

当院ではCT、ラバーダム、マイクロスコープを使用して根管治療に臨みます。撤退した診査と治療で痛みをなくします。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。