トップページ > その他 > 根管治療 マイクロスコープ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者

根管治療 マイクロスコープ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者


本症例は歯科関係者の患者さま。当院はご紹介の患者さまが多いのですが、最近は歯科関係の患者さまが多い。少しばかり緊張しますがいつも通りの診療を精一杯行います。

つめものが外れたため、応急処置でつめものを接着固定しておいたのですが、先日ズキズキとした浮いた痛みが発現。近医にて応急処置を施していただき、昨日当院を受診されました。

治療対象となる第一大臼歯は2つの歯根からなります。近心根と遠心根といいますが、近心根には2つの神経(根管)が存在します。この2つの神経は複雑に走行しているため、レントゲンだけでは詳細に明確に把握することは困難です。そのような際は、CT機器を活用し治療に臨みます。



むし歯が深く進行すると、この根管にまで細菌が感染・侵入するために、根管内の細菌を駆除すべく、キレイに清掃する必要があります。これを根管治療といいます。
この根管、太さにして先端で約200μととても細いため、これまでは歯科医師の経験と勘で治療することが普通に行われていました。現在では、マイクロスコープや10倍拡大の拡大鏡(ルーペ)があるので、実際に見ながら治療することが可能となりました。マイクロスコープは大変高価な機器であることもあり、その普及率は日本で今で数パーセント。当院では保険・保険外治療に関わらず必要とあれば使用して治療しております。



ラバーダムを装着し、1回1時間を2度の治療で根管治療は終了です。前医が応急処置に留めてくれていたこともあり、根管治療はスムーズに終了しました。
根管治療は可能な限り、1度で終わらせたいものです。幾度も繰り返すことで、再根管治療の成功率は下がり、難易度も上がります。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。