トップページ > その他 > 歯を抜いた後の治療

歯を抜いた後の治療

歯は抜くには理由があります。
適切な治療を施しても良好な結果が得られず、後に痛みが残ってしまったり、残っている歯に悪影響をおよぼす場合、「抜歯」という前向きな治療を選択することとなります。



歯を抜く際には「注意」が必要です。
ただ抜いてはいけません。


抜く際には、骨を残すこと、骨をできるだけ元通りに再生させることに注力することが必要となります。

これにより、その後に行うブリッジ治療や入れ歯、インプラント治療の違和感を改善し、予後を良好にします。



抜歯時に行う「骨を残す治療」を「ソケットプリザベーション」といいます。
また、その後の治療にインプラントをお考えの場合、抜歯と同時にインプラントを設置する「抜歯即時インプラント手術」も痛み軽減・期間短縮に有効です。

大きく周囲歯槽骨を失ってしまった場合は、歯槽骨を再生する「GBR法」の適応でしょう。






歯が持たないからといって、即抜歯してはいけません。その後の行う治療法によって、抜歯した部位への抜歯方法は異なるのです。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。