トップページ > その他 > 歯を抜かない治療

歯を抜かない治療

歯を抜くには3つの理由があります。
むし歯が深く進行して治療が困難
歯周病が高度に進行している治療が困難
かみあわせの負担が強すぎる

まず抜く前に、以下をチェックです。担当医と相談しましょう

そして、抜くならば、その後を考えて「ソケットプリザベーション

これ大切です。忘れずに!


むし歯が歯の神経深くまで進行していて治療が困難な場合、「歯を抜く」という決断に至る場合があります。この判断は歯科医師によって様々でしょう。まずは徹底した根管治療をしてみましょう。では徹底とはなにか?

1)正しい治療コンセプト
適切な診査、診断をしてみましょう。担当医によって精通している分野は異なります。担当医に率直に希望を話して質問してみましょう。わかりやすい回答が得られれば信頼に値する歯科医師といえるでしょう。

2)適切な環境づくり
適切な診査・診断には環境づくりが不可欠です。唾液の混入しない状況で根管治療が行われているでしょうか?これにはラバーダムが不可欠ですね。CTやマイクロスコープ、拡大鏡などの診査治療機器は備わっているでしょうか?ひとつの判断基準といえるでしょ
う。

上記2つが徹底されていれば、深いむし歯治療=根管治療がしっかりできているといえるでしょう。また、根管治療しないように、「神経を残す治療」も、同等のコンセプトと環境づくりが必要ですね。

 

歯周病が高度に進行しているので治療が困難、だから抜歯。この判断も歯科医師の診査と技量で様々です。抜歯の前に、再生療法は可能か?診査してみましょう。当院の診査基準として「歯周基本検査=歯周ポケットの測定」があります。どの歯科医院でも行える検査です。その数値で治療方法がおおよそ推測できます。

歯周ポケットは、歯周病の進行状態をあらわしています。歯周病(歯槽膿漏)が進行すると、診査項目である「歯周ポケット」の数値が大きくなります。当院では、歯周ポケットの計測を定期的におこない、診断や治療法の選定に役立てています。上記が当院の歯周ポケットを基準とした診断基準と必要となる治療法です。歯周病の改善方法として、初期ではクリーニング、中期では外科治療・再生治療、抜歯となります。現在では、歯を残すことはもちろんですが、歯を支える骨を残すことにも留意した上で、将来の口内健康を考えていく時代です。もしものためのインプラント治療に精通した診断基準を持ったうえで、歯を抜かない、残すことに臨みたいですね。

「歯周再生治療の各治療法」についてはこちら。


歯周ポケット以外にも、角化歯肉の有無、分岐部病変、歯肉の問題、抜いたところの形態の問題、むし歯が歯肉深くに進行してしまっている問題、歯並びなどが歯周病治療に関連します。適切な診査に基づく、治療方法の選択と治療計画の立案が不可欠ですね。

かみあわせの負担が強すぎるために、グラグラになってしまっている。そこから歯周病を併発したり、歯にヒビが入り、むし歯になっている症例をしばしば拝見します。皆さんの噛み合わせは適切でしょうか??ぜひ一度チェックしてみてください。

歯を抜く前にできることっていっぱいあります。
担当医の先生が、「残念ですが、歯を抜きましょう」とおっしゃる背景には、これらのことを診査した上で、”治癒の可能性が低く、今後残った歯に悪影響を及ぼしかねない”のお考えがあるのかもしれません。

歯科医師によって、治療法の引き出しは様々です。私も日々その引き出しを増やすように努力しております。最近、当院へのメールや患者さまからのご質問が多かったため、このように簡単にまとめさせていただきました、ご参考いただければ幸いです。

歯は尊いもの。抜く前に一度担当医と相談してみてはいかがでしょうか?


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。