トップページ > かみあわせのブログ > 根管治療とかみあわあせ

根管治療とかみあわあせ



左下奥歯の再根管治療症例です。病歴は以下の通りです。
左下奥歯の詰め物が外れて他院に来院すると、やり直しを勧められたとのこと。やり直しでセラミックインレーを詰めると、詰め物が高く感じて痛みが出てきました。その旨を担当医に訴えると、説明なく根管治療(神経を取る治療)をされ、その後通院するも痛みは増すばかり。夜も眠れず、当院を受診されることとなりました。

赤矢印の歯が痛みある歯です。
本症例に限らず、治療をする際は、「なぜ?」を考えなくてはいけません。本症例の”左下奥歯の詰め物が外れる”にも理由があるはず

レントゲンを見ればそれは明らかです。原因は「かみあわせ」にあります

患者さまの顎関節の形態には左右差があり、左顎関節はすり減り、左の下顎枝は短くなっています。下顎角(俗にいう“エラ”)は左の方が張っており、相当な左側でのくいしばりが推測されます。

患者さまに伺うと、矯正治療を以前にされた経緯があるとのこと。くいしばりの自覚もあり、それが原因で外れたことが推察されます。



このような症例において、もし根管治療が必要なのであれば、根管治療中は、咬合しないように(噛んでも当たらないように、噛む面を削り落とす)する必要があります。本症例ではその点についての配慮がなく治療が進められており、根管治療も不十分、根管(神経)の見落としがありました(上記写真参照)。

根管治療にはラバーダムマイクロスコープCTなどの診査機器がとても大切ではありますが、これらは治療をする上での最低限の環境づくりです。その前の、かみあわせを含めた「診査」がとても大切です。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。