トップページ > フェイスブック > マイクロスコープ 保険内 保険診療

マイクロスコープ 保険内 保険診療



根管治療は俗に”神経の治療、根っこの治療”と呼ばれる治療です。歯の内部に進行した深いむし歯菌の感染を取り去る治療が根管治療。歯の神経にまで及んだ細菌を取り去るのは非常に難しく、適切なコンセプトに基づく環境づくりが根管治療には大切です。その環境づくりが「マイクロスコープ拡大鏡ラバーダムCT、ニッケルチタンファイル」などでしょう。

上の写真は、下顎の第2大臼歯の根管治療。根管の形態は非常に複雑で個体差があります。この歯には2割~3割で樋状根という複雑な根管形態をしめします。通常3つから4つの根管が癒合した形態であり、その根管内の細菌感染を除去するのはなかなか難しいのです。私の臨床の経験では、結構な割合(4割強?)でこの樋状根が認められます。なかなかの強敵です。

当院では、このような症例だけでなく、可能な限りマイクロスコープやCTを用いて精査加療しています。保険、保険外の区別は現在しておりません。必要な症例に必要に応じておこないます。

一流の料理人ならば、ある程度の器具でも美味しい食事をつくることができるでしょう。プラス最高の機器があれば、最高の食事となるでしょう。

素人に最高の食材、最高の機器を用意しても、その良さは生かせないばかりか、普通の食事しかつくれないでしょう。

経験ある歯科医師ならば、肉眼で、CTやマイクロスコープが無くとも、根管治療においていい結果を出せるでしょう。

経験のない適切なコンセプトのない歯科医師ならば、CTやマイクロスコープは宝の持ち腐れではないでしょうか。

当院では保険・保険外に関わらず、マイクロスコープを用いて治療を行います。
まだまだ日々精進、勉強途中の私ではありますが、当院の治療が「宝の持ち腐れ?」かどうか、ぜひ当院にいらっしゃって確認してみてくださいね!

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。