トップページ > フェイスブック > 神経を残す治療 根管治療 東京都内内幸町虎ノ門新橋霞ヶ関の歯医者歯科

神経を残す治療 根管治療 東京都内内幸町虎ノ門新橋霞ヶ関の歯医者歯科

他院にて根管治療をすすめられ、当院への受診された症例。

「むし歯が深ければ、根管治療をお願いします」との患者さまのご希望を踏まえ、ラバーダム装着の上、むし歯の進行を精査します。下顎第1大臼歯の根管治療では、右写真のように、ミラーに映った像を診ながらの治療となります。上下が逆に映るので、少々経験が必要ですね。



カリエスチェッカーにて細菌(バクテリア)に侵された部分を染め出し除去します。むし歯は唾液中に存在する(バクテリア)の感染症です。2層目の象牙質にまで進行すると、その感染を除去するのは困難を極めます。可能な限り早期の治療が、治癒に効果的です。





むし歯を除去した後は、象牙質壁を洗浄消毒します。この症例では、露髄(神経が露出すること)することはありませんでしたが、神経近くにまでむし歯は及んでいたため、その部位にMTAを貼薬し、コンポジットレジンにて封鎖しました。



しばらく経過を観察し、症状がなければ、精密な補綴(かぶせる、つめるなど、人工物で形態を回復すること)を行う予定です。