トップページ > その他 > よい根管治療とは何か?東京都内歯医者 神谷町虎ノ門霞ヶ関 根っこの治療

よい根管治療とは何か?東京都内歯医者 神谷町虎ノ門霞ヶ関 根っこの治療

良い根管治療とはどんな根管治療でしょうか?

Prof.Marwan Abou-Rassのファイナライゼーションコンセプトでは、このような記載になっています。

① 適切な機械的拡大・清掃が為されている。
② ガッタパーチャとシーラーで適切な長さまで根管充填されている。
③ 適切な歯冠修復が為されている。
④ 客観的・主観的症状がない、またあっても治癒傾向にある。

むし歯は口内に存在する細菌の感染症です。上記を簡単にいうならば、
① 根管内の細菌感染を除去し
② 再感染しないよう樹脂で緊密に封鎖し、
③ 上から精度の高い「かぶせもの」をかぶせ、
④ 歯科医師が見ても、患者さんの感覚でも問題が無く、治る過程にある。

これを満たす根管治療は「良い根管治療」といえるとDr.Abou-Rassは言っています。同時に、「(上記のような)適切な根管治療が為されていないならば、経過観察など行わずに速やかに外科治療(歯根端切除)に移行しなければならない」とも言っています。

むし歯は細菌(バクテリア)の感染症です。
口内から感染した細菌は、歯の内部へ浸食し、歯根の先へと及びます。治療時期が遅れることで、歯根の先端より外部へと細菌感染は進行し、通常の根管治療では治癒できないこともしばしばです。このような場合は、歯根周囲の骨ととも歯根尖を外科手術にて除去します。

以前よりこのような治療は為されていましたが、マイクロスコープの台頭により、その成功率は90%以上に上昇し、マイクロスコープを用いた外科治療の有効性が広く知られているのが日本の現状といえるでしょう。これは、インプラント治療が安易に選択されるようになったことから、「まずは徹底して歯を残す、そのためには歯周病治療と根管治療を徹底しなければならない」という風潮がでてきたことによるものとも言えます。

現在日本では、「歯根端切除をすれば治る」と言われることも少なくないようですが、15年先をいくアメリカエンドでは、ちょっと違うようです。

アメリカにおいて、2000年代に早くも成熟したマイクロスコープによるエンド外科手術は、現在反省期に入っています。マイクロスコープ外科手術でも治すことのできない症例が多く出てきているのです。

では、どのようにしているのでしょうか?

答はDr.Abou-Rassが1999年に唱えていた「エンド・インプラントロジー」
マイクロエンドの歴史を踏まえた上で、当院では、米国式「最新の」徹底した根管治療を行います。お困りの際は、ご相談ください。お力になれます!