トップページ > インプラントのブログ > インプラントのデメリット

インプラントのデメリット



写真は当院で施術した下顎の第一大臼歯へのインプラント治療後の写真です。

後方の歯は根管治療済み、その前方の歯は何も問題のない健全な歯。ブリッジをかぶせるために歯を削り、残っている貴重な歯に更なる負担をかけたくありません。

この患者さまがご選択されたインプラント治療は、残っている歯に負担をかけない優しい治療法といえるでしょう。

天然歯の噛み心地と自然な見た目の「インプラント治療」。
ただし、インプラント治療にもいくつかのデメリット(注意点)があります

・インプラントは歯周病に注意!
天然歯にはあるバクテリアに対するバリアが、インプラント周囲の歯肉にはありません。そのため、天然歯と比べて歯周病になりやすく、いったん炎症が起こると急激に進行してしまいます。そのため定期的なメンテナンスがとても大切です。

・しっかり噛めるインプラント、かみあわせに注意!
天然歯にはクッションとなる「歯根膜」がありますが、インプラントにはそれがありません。そのため適切なかみあわせでインプラントの上部構造を装着する必要があります。定期的なチェックと調整で長く長く使用していただけます。

・インプラント治療前にはCTでシミュレーション!
インプラントは歯槽骨に埋め込みます。当院では徹底して歯を残しますが、炎症が拡がってしまうと、周囲の骨が失われてしまうこともあります。そのため、必要な骨があるのかないのか?または、メンテナンス時でもチェックができるようにCT検査が不可欠です。
歯槽骨が足りない場合は、骨をつくってからインプラント手術を行います。また、抜歯するときに骨が同時に失われてしまうため、ソケットプリザベーションを施すこともあります。抜歯と同時にインプラントを埋入する手術は、手術回数・期間・痛みを軽減する優れた手術法です。

当院では徹底した歯周病治療、最先端の根管治療で徹底して歯を残す、歯を抜かない努力をしております。やるだけやってもだめならば、残っている歯にこれ以上の負担をかけないインプラント治療が必要です!

これだけのデメリットがあったとしても、ご質問ご相談の多いインプラント治療。第2の永久歯として周知されているからこそ!かもしれませんね!






―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。