トップページ > フェイスブック > 根管治療 歯根端切除 マイクロスコープ

根管治療 歯根端切除 マイクロスコープ



右上側切歯(2番目の前歯)の歯根端切除術症例。
まずは通常の根管治療を施した後に行いました。術前にCTで病変の大きさを確認します。根尖病変は大きく、徹底した除去が必要です。切開線は歯肉溝切開を用いて行うことで、病変除去後に切開線が骨欠損部上にならないよう配慮します。(歯根端切除はなぜ必要か?はこちらをクリックご参照ください)



無痛麻酔・無痛手術歯根端切除を怖がる患者さまは多いのですが、怖がり放置する方がよっぼど怖いものです。術後の違和感は多少ありますが、皆さまが想像しているようなことは全くありません。当院では手術をマイクロスコープで診ながらの手術、確実安全。症例数も多い。安心して手術を受けていただける環境を整えて日々の手術に取り組んでおります。