トップページ > その他 > MTAセメント 再根管治療 マイクロスコープ東京都内歯医者 神谷町虎ノ門神経根っこの治療

MTAセメント 再根管治療 マイクロスコープ東京都内歯医者 神谷町虎ノ門神経根っこの治療



再根管治療の症例では、根管内に穴が開いていたり、歯根の先(根尖)が壊れていたりと通法の根管充填では治めきれないケースがあります。その際は歯根端切除の適応症となるケースもありますが、本症例のように「MTAセメント」で対応できるケースもあります。

本症例は近心頬側根と遠心頬側根(黄色矢印の先)の2つの根管がイスムスで結合し、その部位の清掃が不十分であったことから再根管治療となった症例。

先の根管治療ではステンレススチール製のファイルのみで根管治療をしたのでしょう、、、根尖部分が大きく削ってあり、根管内を樹脂で緊密に封鎖するには難しい症例でした。このような場合は、MTAセメント(赤矢印の先) 使用して根管充填をややアンダーに行います。これにより根尖部分の炎症は治まり、まだまだこの歯を使っていくことが可能です。

最近はMTAセメント治療のご希望やご質問、お問い合わせを多く頂きます。適切な診査診断の上、適切な症例にMTAセメントを使用することで、大きな治療効果を得ることが可能です。