トップページ > かみあわせのブログ > かみあわせ 削られた マウスピース 東京都内関東虎ノ門神谷町歯医者

かみあわせ 削られた マウスピース 東京都内関東虎ノ門神谷町歯医者

当院には多くの患者さまが「噛み合わせ」の不具合を訴え来院されます。
・これまで沢山の歯を治しては歯を失い苦労されている患者さま
・矯正治療後に不具合を感じるようになった患者さま
・40代過ぎてから1本の歯の治療をきっかけに不具合を感じるようになった患者さま
・まったく治療はしたことないのに突然かみあわせに不具合を感じた患者さま

患者さまによって症状も様々ですが、皆さん一様に、「かみあわせ」の不具合をきっかけに首や肩、全身の倦怠感などを感じるようになっているようです。

そんな話を歯医者さんにすると、皆一様に、「かみあわせを調整しましょう」と言って”歯を削る”ようです。

または、皆一様に「マウスピースをいれましょう」と言って、安易なマウスピースをいれ、調整はしないようです。

これで治らない場合は、「歯が原因ではないですね、紹介しましょう」といって、”心療歯科”に紹介されることもしばしばあるようです。
確かに、疲れやストレスが溜まれば心療歯科も必要かもしれませんね。当院でも心療歯科的なアプローチを治療法に取り組んで臨むこともございます。

しかし上記のような、
「歯を削ってかみあわせを調整する」
「目的の明確でないマウスピースを装着する」
「心療歯科へ紹介する」

これ、かみあわせの治療として正しいのでしょうか???

当院のかみあわせ治療では、「歯を削ること」は相当なことが無い限り行いません、むしろ足すことの方が多いかと思います。

当院でも同じような治療は行いますが、まずは診査と徹底した問診をさせていただきます。

患者さまのお話しを伺うと、これまでの歯医者さんへの愚痴を話される方もいらっしゃいますが、甘んじて聞いていることもありますが、基本、そんな後ろ向きなお話しは右から左へ流します。治したいのならば、「これからどうする?」の建設的な心持が大切です。そして私がお聞きしたいのは、病歴。なぜこのような事態になってきたのか?治療の履歴から、現在の状況、さまざまなことについてお話しを伺わせて頂きます。

かみあわせの原因は、様々な原因が入り乱れて重なり合い、「歯の治療」をきっかけに発症しているようです。かみあわせと顎関節症は、病因と結果の関係ではなく、増悪因子であると言われています。つまり、かみあわせが悪いからといって、必ず顎関節症や頭頸部の異常が発症するわけではないということです。

それでは何に原因があるのか??そこを徹底した診査と問診で明らかにすべく日々の臨床に取り組んでおります。

お困りの際はご連絡ください。問い合わせ画面より病歴を詳細にお知らせ頂けると問診時間を短縮できるので助かります。多くの患者さまからの問い合わせを頂いております、ご来院も多く拝見しております。当院スタッフが真剣に取り組んでおりますので、キャンセルや”問い合わせだけ”、また診療時間中の電話でのお問い合わせなどはご遠慮ください。よろしくお願い致します。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください