トップページ > インプラントのブログ > 抜歯即時インプラント GBR

抜歯即時インプラント GBR



インプラント治療を受ける患者さまだけでなく、口内全体の治療(かみあわせ治療)をご希望になる患者さまには治療計画を立案してご説明させて頂きます。その際は、上のようなレントゲンへの図解を用いてわかりやすくゴールをお見せします。ゴールが明確でないと、その方法論(治療法)も明確にはなりませんので安心して治療を受けられません。



本症例は前歯への抜歯即時インプラント治療症例。抜歯と同時にインプラントを埋入しつつ、骨の足りないところへは骨を再生させる手術(GBR法)を行いました。インプラント治療自体は腫れたり痛んだりする治療ではありませんが、骨を再生させるGBR法には強い「腫れ」と「痛み」が手術後に伴います。

本症例の患者さまは過去の苦い経験もあり、麻酔の奏効が悪く、また麻酔が切れやすい。適宜麻酔を追加しつつの手術であったため、患者さまにとっては大変な治療となってしまいましたが、大変頑張っていただき無事終了することができました。GBR法の症例では、術後7日~10日までは強い腫れと痛みが伴います。鎮痛消炎薬の服用と我々歯科医院スタッフの術後管理で今後もしっかりと拝見させていただきます。

当院では基本無痛麻酔無痛手術を目標に日々の臨床に臨んでおりますが、本
症例のような大きな手術症例では、術後の腫れや痛みを伴うのも事実です。しかし、腫れるということは、創部に血液が満たされ、その血液が組織を修復してくれている、「治してくれている」ということに他なりません。腫れるのは決して悪いことではなく、治癒過程にあるといっても過言ではありません。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください