トップページ > フェイスブック > ズキズキと痛む 歯 根っこ/神経/根管治療

ズキズキと痛む 歯 根っこ/神経/根管治療


ズキズキする痛みで当院を受診された症例。下顎の小臼歯。レントゲンではコンポジットレジンにて治療した形跡があり、根尖(歯根の先端)には透過像(黒くうつった像)が認められます。

診断は、歯髄壊死および根尖性歯周炎。以前の深いむし歯で感染が取り除けず、潜伏感染があり、そのむし歯が進行し、神経が壊死。その後、感染が根尖方向へ進行した状態です。(右写真②に該当します)

このような症例では根管へアクセスする(穴をあける)だけで症状は緩解します。根尖までファイルを挿入してはいけません、治療後の痛みが持続します。


5分間、根管内の膿を吸い出します。しっかりと排膿させた後は、水酸化カルシウムを貼薬し1週間後に再度根管治療です。排膿を促すための根管の開けっ放し処置はしません。開けっ放しの処置を「開放処置」といいますが、文献的には1日を限度としています。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。