トップページ > インプラントのブログ > 残っている歯を助けるインプラント

残っている歯を助けるインプラント


右下第1大臼歯のインプラント治療が終了した症例。

もとは取り外し式の入れ歯をご使用されていた患者さま。以前よりインプラントにはご興味があり、来院動機であった左上の根管治療が終わった後にインプラント手術を行いました。

写真はインプラント手術後3カ月後の上部構造装着、終了時点の口内写真です。上部構造はスクリューリテイン方式(ねじどめ)。当院ではメンテナンスのし易いスクリューリテイン方式の上部構造を原則採用しています。

 

入れ歯は残っている歯に引っ掛けて負担をかける治療法です。またブリッジは残っている歯を削り、負担をかける治療法です。インプラントは残っている歯に負担をかけることなく、「残っている歯を助ける治療法」です。 



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。