トップページ > フェイスブック > マイクロスコープ むし歯治療 噛み合わせ

マイクロスコープ むし歯治療 噛み合わせ



ご紹介で来院された患者様の一症例。
「固いものを噛むと痛い」
「熱いものがしみる」
を主訴として来院されました。

熱いものがしみるのはむし歯としては末期の場合が多く、根管治療が必要となることがしばしばです。レントゲンと問診にて精査します。
当院ではマイクロスコープを日常的に使用して治療に臨みます。拡大した画像から得られる情報は大変多く、また正確です。



カチカチ噛んだ時は「奥歯」が当たり、ギリギリした時は犬歯より前の「前歯」が当たるのが健康であり、問題の起きづらい噛み合わせです。
本症例では、奥歯が常時当たっている状態でした。これにより、奥歯は「打撲した状態」となり、ちょっとした固いもので痛みや強い違和感が生じます。



お仕事で大変お忙しい患者様であったこともあり、応急処置で対応しました。プラスティック樹脂の欠けた部位のみ削合し、齲蝕検知液(むし歯の染色液)を用いて丁寧にむし歯を取り去ります。マイクロスコープで拡大することで、健康な歯を削らずに済むので安心です。



本症例の痛みの原因は、以下のことになります。
①噛んだ時の痛みは、かみあわせに原因がある。
②染みる原因は、プラスティック樹脂が欠けたことに原因がある。

全く難しい治療のお話ではありません、当院における「いわゆる一般的歯科治療」ですが、「マイクロスコープ」を用いて治療することで、この画像を患者様と共有し、その原因を明確に説明でき、治療前・中・後の状況を患者様自身で確認することができます。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。