トップページ > フェイスブック > マイクロスコープ コンポジットレジン むし歯治療

マイクロスコープ コンポジットレジン むし歯治療


マイクロスコープを使用したむし歯治療、当院の1症例です。
以前に他院にて詰めたコンポジットレジンの色が茶色に着色し、むし歯ではないかと心配し治療となりました。痛みなどは全くなく、歯ブラシをしてもその色が取れません。

コンポジットレジンは「プラスティック樹脂」。欠けやすく、吸水性があるために、経年的に着色しやすく、むし歯を惹起してしまうこともあるために、メンテナンス時には必ずチェックする必要があります。必要とあれば適宜やり直す必要があるでしょう。

本症例では、まずすぐ削ってやり直すのではなく、何が原因なのか?を究明する必要があります。研磨剤を用いて研磨しました。すると、①には研磨剤が表面に付着し、②には研磨剤が残りません。


上図よりわかる通り、①はその充填量が過剰なために歯の表面が粗面となり、着色をしていました。また②では、その充填量が不足していることから段差が生じ、そこに着色が認められました。この原因を改善すべく、健康な歯を削らないように、コンポジットレジンのみを削り取り、詰め直すこととなりました。マイクロスコープでは、我々肉眼では到底見えないところまで明瞭に診ることができます。



術前術後の比較写真です。
特別難しい症例ではありませんが、患者様とマイクロスコープ画像を共有し、治療前後比較したわかりやすい治療を当院は目標としています。日々精進です。

 

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、内幸町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。