トップページ > フェイスブック > 神経を残す 神経をとらない治療

神経を残す 神経をとらない治療



かぶせものの縁が黒くなってきたこと、セラミックの歯の色があっていないこともあり、再治療をすることとなりました。
かぶせものを外してみると、以前むし歯が深かったことが伺えます。従来、むし歯が深い場合には、「セメント」と呼ばれる材料でその部分を覆い、かぶせたあとでも冷たいものなどが染みづらくする処置がされます。この治療の際、治療部位への唾液の混入であったり、水分の流入がなきようにすることが不可欠です。そのため、「ラバーダム」を使用して患歯を隔離したのちに治療することが大切です。本症例では、以前そのような「ラバーダム」を用いた治療が為されていなかったこともあり、徹底して当院にて治療するためにラバーダムを装着することとなりました。

上写真は、口内カメラによる画像です。本症例ではマイクロスコープではなく、肉眼の10倍の拡大鏡を装着し、治療に臨んでいます。




ラバーダムを装着し、齲蝕検知液を用いて齲蝕(むし歯)を染色し丁寧に慎重にむし歯を除去します。除去後は、水酸化カルシウムを貼薬し周囲をコンポジットレジンにて硬めます。「コンポジットレジン」は水を介在することで硬化が鈍くなるため、このようなラバーダムが効果的です。



処置後は仮歯を製作して治療は終了です。これでしばらく経過を観察し、問題なければ再度歯の形を整え形成(削る)し、型どりします。
当院では徹底した治療を心掛けています。一生に一度の治療、当院の目標です。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、内幸町、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。