トップページ > インプラントのブログ > インプラント 虎ノ門 霞ヶ関 内幸町 新橋

インプラント 虎ノ門 霞ヶ関 内幸町 新橋



左下奥歯のインプラント治療の症例。インプラント手術後、3か月後に型どりします。通常、次回にはインプラントの上部構造、つまり人工の歯が入りますが、当院では「+1ステップ」あります。写真はその時の写真、「メタルトライ」といいます

かたどりして精密のそのかみあわせを採得して模型上に口内を精密に再現します。その精度にはミクロン単位が必要です。
天然歯の周囲には「歯根膜」という感覚受容器があるため、30ミクロンほどの「遊び」が存在します。しかし、インプラントは「骨」に直接結合しているため、その遊びがありません。

メタルトライでは、以下の点をチェックし補正します。
・シリコン印象(かたどり)の誤差
・模型材の硬化時に生じる寸法誤差
・かみあわせの誤差
・型どり時の下顎骨の変形誤差
こういった多くの誤差を残したまま上部構造を製作すると、骨内に埋め込んだインプラントフィクスチャーにひずみを加えるだけでなく、かみあわせにも問題を残してしまいます。天然歯以上にインプラント上部構造ではその「ミクロン精度」が問われるのです。

専門的な内容かもしれませんが、当院では治療のひとつひとつのステップを確実に診療を進めます。やり直しのない徹底した治療、当院の目標です。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。