トップページ > フェイスブック > マイクロスコープで歯を削る 動画

マイクロスコープで歯を削る 動画



症例は上顎右側第2小臼歯と第1大臼歯。審美性に大きな影響を与える歯の治療です。第2小臼歯にはオールセラミックス、第1大臼歯にはハイブリッドセラミックスを装着する予定です。

本症例では、あらかじめホワイトニングコーディネーターによる「ホワイトニング」を行っています。ホワイトニングにより自然な歯の色を取り戻すことが可能です。その歯の色に合わせてセラミックスの色を製作します。

同時に両患歯ともに「根管治療」を行い、ファイバーコアを植立しています。根管治療はマイクロスコープ+ラバーダムで精密に行います。精密なる根管治療後には精密なる補綴(歯を精密にかぶせて、再感染しないようにする)が「やり直しのない当院の治療」には不可欠です。

セラミックスをかぶせるためには、その「厚み」を確保する必要があります。その厚みと形態を適切に歯と歯ぐきの境目に「形作る」ことで、より自然でより機能的であり、より精密なセラミックスを装着することが出来ます。つまりは「やり直しのない当院の治療」になくてはならない、妥協できない治療ステップです。そのため当院では「マイクロスコープ」や「10倍拡大鏡」を使用して、歯を削ります。動画は、その前ステップである仮歯を製作するための削りだしです。この後にシリコンにて型どりをします。

削る位置は以下の基準をもとに行います。
(削る位置の詳細についてはこちらを参照ください)


当院では、このような動画や治療前・中・後の静止画を撮影し、患者様への説明や学会発表の資料として記録保存させて頂いております。
「歯医者さんでは何をされているかわからない?」って感じたことはありませんか?歯科医師である私もそう感じるがゆえに、安心して治療を受けて頂けるよう、わかりやすい説明、何をされたのか分かる記録を残して日々の臨床に取り組んでおります。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。