トップページ > かみあわせのブログ > かみあわせ 東京都内虎ノ門内幸町新橋霞ヶ関

かみあわせ 東京都内虎ノ門内幸町新橋霞ヶ関

「噛み合わせを治したい!」

多くの患者さまから「こんな切実なる願い」を伺います。その治療法は様々で、多くの歯科医院を転院するも、治らないという現実があるからでしょう。「治りたい」と願い歯科医院を転院転院するも治らない。治らないのは自分のせいではないか?と疑っていらっしゃる患者さまも多いようです。

「治りたい、変わりたい」と願っていても、それでも変わらな・・・。これには理由があります。

「脳は変化を拒絶する」のです。

人間の身体は、良くも悪くも現状を維持する性質を持っています。これをホメオスタシス(恒常性の維持)といいます。

たとえば、血糖値。
血糖値が糖分摂取で上昇すれば、脳は変化を感知して血糖値を下げます。これはホメオスタシスです。
これに対して、甘いものを目の前にした瞬間に、「血糖値が上がるぞ!」と予測して先に血糖値を下げ始める機能もあります。これをアロスタシスといいます。

恒常性を保つ優れたシステムなのですが、このシステムのせいで、「変わろう!治そう!」と思った瞬間に、「これから変わりそうだから、変わらないようにしなくては!」という方向にも動くことになります。

つまり、今まで「命にかかわるほどの問題ではなかったのだから、あまり変えずにいたい!」という変化に抵抗する働きが脳に働いてしまうのです。

「この歯の当たりが気になります、削ってください」
「以前はこんな感じではなかったんです」
かみあわせに以前と違う違和感を感じている時点で、削ったりかぶせたりしてはいけないのです。変化に抵抗して元へ戻ろうという働きが強すぎる。この時点での削ったり、かぶせたりはしてはいけないのです。

いきなり噛み合わせを削ったり、かぶせたり・・・こんな極端な治療を施せば施すほど、身体は変わらないように、変わらないようにとする。これでは治るものも治りません。

ではどうするのか?


当院ではこの点に配慮した治療法で日々の臨床に臨んでいます。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。