トップページ > フェイスブック > 歯が折れているかどうかを知りたい診査法 東京都内内幸町虎ノ門新橋霞ヶ関の歯医者歯科

歯が折れているかどうかを知りたい診査法 東京都内内幸町虎ノ門新橋霞ヶ関の歯医者歯科

歯医者さんで「歯が折れていますね、抜歯しましょう」
と言われたら、あなたならどうしますか??


①「レントゲン診ると、折れてるように見えるね、抜歯した方がいいね。」
②「歯ぐきが腫れているね、根っこの治療しても治らないから、折れているかもね」
③「折れている可能性があるね、抜きましょうか?」


① レントゲン見せられても患者さんには理解ができません
② 症状だけで、折れているから抜歯と言われても納得できません
③ 可能性??ってなに?

さて、あなたならこの説明で歯を抜きますか??




本症例の患者さまは以前に他院にて治療した仮歯の再治療をご希望されて来院されました。仮歯を外してみると、むし歯。入れてあるファイバーコア周囲もむし歯であったため、再根管治療をしようとマイクロスコープで観察すると?

歯が動きます。染色液で染め出すと、歯が折れていることを示す破折線(ヒビ)が認められました。マイクロスコープで治療を進めていると、こんな小さなことにもすぐ気づけるばかりでなく、患者さまへのわかりやすい説明資料にもなります。

この症例では折れ方が良かったため、抜歯には至りませんでした。再根管治療を行い、歯を残すことができます。

当院では一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し日々の臨床に臨んでいます。そのためには「マイクロスコープ」が欠かせません。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。