トップページ > かみあわせのブログ > むし歯治療後 噛むと痛い 神経の治療?かみあわせ 東京都内内幸町新橋霞ヶ関虎ノ門

むし歯治療後 噛むと痛い 神経の治療?かみあわせ 東京都内内幸町新橋霞ヶ関虎ノ門


深いむし歯の治療後に痛みがでてきたため、当院を受診された患者様の症例です。レントゲンを拝見すると、確かに神経深くまでプラスティック樹脂の詰め物(黄色矢印)が詰めてあります。

この施術の際、前医は肉眼でラバーダムをせずに施術されたとのことでした。
患者さまはその点が気になり、神経に炎症があるのでは?むし歯の取り残しがあるのでは?神経を残したい、神経を残す治療を!もしくは根管治療をお願いします!とのご希望で来院されました。

神経が生きている歯では、ラバーダムをせずに象牙質にあるむし歯を削っても、感染しずらいとする学術論文もあります。
しかし、むし歯とは唾液中に存在する細菌の感染症です。神経に至ると根管治療(根っこの治療、神経の治療)が必要となることもあります。当院ではこのような症例では、必ずラバーダムを装着して治療に臨みます。

患者さまの希望通り、ラバーダムをして、治療に!
しかし、、、、その前に、、、この症例、チェックすべきことがあるようです。


術前、術後の患歯の状態です。
かみあわせを調整することで、痛みがなくなりました。
原因は、深いむし歯の治療ではなかったのです。
では何が原因だったのでしょうか?



本症例のかみあわせ調整中の動画をご参照ください。
歯は削ってはいけません。
削るならば、それ以上のメリットをもって、慎重に細心の注意をもって「削る」ではなく、「形態をより良い形の整える」のです。

やり直しのない歯科治療、一生に一度の歯科治療を目指す。日々精進です。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。