トップページ > 院長ブログ > 歯周病なら虎ノ門ヒルズ・神谷町・霞ヶ関の宮崎歯科医院

歯周病なら虎ノ門ヒルズ・神谷町・霞ヶ関の宮崎歯科医院

この図は、縦軸が残存歯数、横軸が年齢です。
縦軸のMAXは28本、横に進む(年齢を重ねる)とともに、歯は失われていきます。
現在、8020運動が叫ばれています。「80歳で20本の歯を保ちましょう」という運動です。

しかし、30歳を超えると、歯周病が原因で歯を失う確率が高まります
歯周病のリスクの低い患者様であれば、青線のラインをたどり、歯を失うことはありませんが、
歯周病のリスクの高い患者様が、何もせずに放置すると、赤線のラインをたどり、どんどん歯を失うこととなります。

しかし、
できる限り早いうちに、
歯周病の治療を行う、もしくは定期検診とクリーニングを始めることにより、
歯周病により歯を失うスピードを緩やかなものとすることができます(黄色の線もしくは紫色の線)。

残念ながら、患者様ご自身だけのブラッシングでは100%歯は磨けません。

歯周病の原因は、口腔内に存在する歯周病菌や汚れですが、
その汚れや細菌をたまりやすくしている「歯周ポケットの存在」が一番の問題なのです。

早期の徹底した治療が、歯周病治療には最も大切なことなのです。

インプラント治療においても、この歯周病治療をしっかり行わないと、インプラントがだめになってしまいます。

歯周病でお悩みの方は、早めにご相談ください!


神谷町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、霞ヶ関、東京、関東、信頼できる歯医者、歯科、宮崎歯科医院。

インプラント、根管治療、かみあわせ(噛み合わせ)咬合治療、顎関節症、歯周病、矯正、審美歯科治療、ホワイトニング、金属アレルギーに対するメタルフリー治療、無痛(痛くない)麻酔、治療をCT、マイクロスコープを駆使して挑む。舩井(船井幸雄)先生の良い歯医者 名医としてホームページや著書にて紹介された経緯をもつ。セカンドオピニオン、メール、いつでもご相談下さい!