トップページ > インプラントに関するブログ > ソケットプリザベーション

ソケットプリザベーション

抜歯して、インプラント治療をお考えの患者様はご一読ください!

歯を抜くと、その周りの骨はなくなります。

歯を抜く際は、
「その周りの骨を失わないように配慮する」
ことが大切です。

(なぜ歯を抜かなくてはいけないのか?←クリック)

そのような配慮を、ソケットプリザベーションといいます。

虎ノ門 宮﨑歯科医院では、
インプラント治療を行う際、綿密な治療計画のもと、
抜歯時には、ソケットプリザベーションを行い、可及的に歯を支える骨を残します。

時には、骨の増大(GBR法)を行います。

ご不安なことも多いかと思います。
インプラント治療をお考えの方は、ご相談ください。
メールでもお電話でもどうぞ!