トップページ > インプラントに関するブログ > インプラント失敗症例について

インプラント失敗症例について

平成23年6月14日

虎ノ門 宮﨑歯科医院では、最近、インプラント治療に関するお問い合わせやご紹介が多くなっております。


今回はそのうちの1症例。

症例は、1年ほど前に他院にて、上顎の犬歯部と第一小臼歯部(真ん中から数えて、3番目と4番目の歯)の歯を失った所にインプラント治療を施したようです。

現状を列挙すると、
・ インプラントを埋入した隣の天然歯にインプラントが当たっており、その歯が割れてしまっている。
・ 埋入されているインプラントにはヒーリングキャップという「ふた」がされていない。
・ 天然歯とインプラントの仮歯が連結されている。
・ インプラントはすべてインテグレーションしていない(骨と結合していない)。

この病状に至っても、患者様には症状がなく、破折した天然歯の歯肉周囲が腫れて、噛みあわせが悪いため、物が食べれないので来院されたという状況でした。

インプラント治療は、とても難しい治療のような印象が患者様にも我々歯科医師にもあるようですが、
インプラント治療は、歯科治療の一法であり、特別な治療ではありません。

・ 歯をできるだけ残す
・ 
歯の土台となる歯周病治療を徹底して行う
・ 咀嚼機能の回復、つまりは
咬合の回復を行う

こういった基本的な治療を行って、初めてインプラント治療の利点が光り輝くのではないでしょうか?

当院では、すべての治療において、痛みのない治療を心掛けております。
インプラント治療、歯周病治療などでお困りの患者様はぜひご相談ください。
お力になれるかと思います!