トップページ > インプラントに関するブログ > インプラント研修会 ご報告

インプラント研修会 ご報告

平成23年10月11日

先週末はインプラント研修会に参加してまいりました。
今回はその内容についてのご報告です。

当院の院長ブログは、歯科医療関係者の先生方にも多く閲覧して頂いております。
今回の内容は、そういった先生方、あるいは、インプラント治療について詳しくお知りになりたい患者様向けの、やや専門的な内容です。あらかじめご了承ください(^.^)

虎ノ門 宮﨑歯科医院では、
歯周病治療を徹底した、長く持つ安心なインプラント治療を心掛けております。
もちろん「痛くない」治療ですね!

先日のインプラント研修会の内容は、

・上顎洞底挙上術(おもにソケットリフトの有効性について)
・オステオトームの有効な使用法について
・ピエソサージェリーの有効な使用法について
・リフティングバーの有効な使用法について
・上記治療の適応症について
・骨幅が狭小な顎堤に対する治療法について
・スプリットクレストについて
・エキスパンジョンについて
・上記治療の適応症について
・骨量の不足した上顎前歯部、下顎臼歯部への対応について

などインプラント治療の「難症例」に関する多岐にわたる具体的対処法について研修を行ってまいりました。

今回は、オペテストもありましたが、 全体で2位の成績をおさめることができました。パチパチ(^.^)
「オペのスピード」と「術式の正確性」が評価されての表彰でした。嬉しい事ですね!