トップページ > かみあわせのブログ > 咬合治療(かみあわせ治療)の一症例

咬合治療(かみあわせ治療)の一症例

平成23年12月1日

咬合治療(かみあわせ治療)の一症例について。

写真は術前と術後(仮歯)の口内のお写真です。

来院時は、左上(向かって右側)の前歯が顕著に擦り減り、左上奥の歯は全くない状態でした。

他の歯も擦り減りが顕著でしたので、

失った歯を適正な状態に改善いたしました。

まずは仮歯で問題が生じないかをしばらく確認し、随時修正、調整を行います。

虎ノ門 宮崎歯科医院では、かみあわせ治療を行う際は、まず、「仮歯」を装着し、日常生活に問題がないか?症状は改善するかどうか?などを確認いたします。

その後、問題がないことを確認できましたら、最終的な歯を装着する。

安全、確実、やり直しのない治療。これが目指す目標です。

もちろん、痛みのない治療、痛くない治療は必須です(^^)