トップページ > インプラントに関するブログ > インプラント治療、どのくらいもつの?

インプラント治療、どのくらいもつの?

平成24年3月30日

このご質問はとても多いですね。

皆さまの歯は、「毎日」つかうものです。

インプラントに被せる歯(上部構造と呼びます)も同様です。

上部構造も天然歯と同様に、摩耗したり壊れたりといった変化があるでしょう。

いうなれば、車のタイヤと同じようなものかと思います。
車も走ればタイヤはすり減る。擦り減れば「交換」が必要となるでしょう。

インプラントの上部構造も同様に交換が必要になる時期がくることがございます。
10年から15年を目安にしておりますが、個人差はあるでしょう。

身体も年齢とともに変化する。
口腔内も同様に、変化するかと思います。

やり直し治療などのリスクを軽減するためにも、定期的な検診がとても大切になるかと思います。

患者様と我々スタッフの二人三脚、これがとっても大切なんですね!(^^)