トップページ > インプラントに関するブログ > インプラント アクセスホールの記録

インプラント アクセスホールの記録

平成24年7月17日

インプラントの装着方法には、
セメント固定とスクリュー固定の2種類があります。

ねじ固定式(スクリューリテイン)とセメント固定(セメントリテイン)のどちらかの方法で、インプラントの上部構造は固定されています。

スクリュー固定はその名の通り、ねじで固定するため、いつでも取り外しが可能です。問題がある際は、ねじ穴である「アクセスホール」のねじを入れ着脱可能です。

しかし、症例によっては、このスクリュー固定ができない場合もあります。
その際は、接着剤で固定するセメントリテインが必要です。

しかし、セメントリテインの場合は、着脱が比較的困難なため、外れない場合は、アクセスホールを探して上部構造に穴をあけ、取り外すことがあります。

その際に、右写真のような記録写真が有効となります。
当院では、患者様の治療経過を写真におさめ記録し、すぐに問題解決できるようにしております!(^^)