トップページ > インプラントに関するブログ > 歯間乳頭部 審美歯科治療

歯間乳頭部 審美歯科治療

平成24年10月20日

インプラント治療に伴う審美歯科治療についての一症例。

歯間乳頭部の調整についての御話です。

歯と歯の間に隙間があると気になりませんか??

右下写真の黄色い矢印の先に見える黒い隙間を、歯間乳頭部の隙間と呼びます。

右症例は、他院にて①の青矢印の歯の神経の治療をしてセラミックを装着。しかし、その後、痛みが発現し、仮歯に戻したようですが、痛みが取れずに当院を紹介され来院されました。

問題となっていた青矢印の歯を精査すると、CT検査により、歯根破折を起こしておりました。長期間にわたる根管治療と矯正治療を加えた事により破折してしまったようです。
残念ではありましたが、抜歯してインプラント治療をすることになりました。
初診時の①の写真の仮歯は、審美的にも不適切であり、歯間乳頭部に隙間が認められます。これは改善の必要があります。

②が抜歯と同時にインプラントを埋入している治療中のお写真。
ポジショニングがとても大切です。

③はインプラントを設置後すぐに仮歯を装着した状態です。
抜歯して即時にインプラントを埋入し、その上に即時に仮歯を装着。約2時間の治療です。
この術式を 抜歯即時埋入インプラント手術と呼びます。
歯を失うことなく、痛みなくお帰り頂くことができます。
なおかつ、歯間乳頭部の隙間を審美的に改善しております。

その後、歯間乳頭部はふさがり、審美的にもキレイに仕上がりましたが、
私の説明不足から、再生中の歯間乳頭部に、患者さまが歯間ブラシをあやまって通してしまったことで、④のお写真のように、一時、歯肉がやせて隙間が生じてしまいました。

しかし、インプラント上の仮歯の形態を修正することで、審美的に⑤のお写真のように、歯間乳頭部の黒い隙間は改善されました。

歯の治療は、削る被せるだけでなく、柔らかな軟組織(歯ぐき)の調整も大切です。

このような、ひと手間ふた手間で、審美的にも機能的にも大きな改善をみることができます。

Uさん、あと少しです、がんばりましょうね~!(^^)