トップページ > インプラントに関するブログ > ソケットプリザベーション

ソケットプリザベーション

インプラント治療には、インプラントフィクスチャーを埋入するための『骨』 が必要です。

インプラントは歯のないところに人工の歯根(インプラントフィクスチャー)を設置し、その上に歯をつくります。

骨がないと、インプラント治療の難易度は増すのです。当然リスクも高くなる。

そのため、宮崎歯科医院では、抜歯する際は、支えの骨がなくならないように、もしくは歯が再生しやすいようにして、丁寧に抜歯を行います。簡単にいえば、これを『ソケットプリザベーション』と言います。


抜歯する歯の周囲組織の損傷を可能な限り少なくする抜歯法。
宮崎歯科医院の治療はすべて 痛くない ですが、当然、抜歯後の痛み もありません。

抜かなくてはならない歯を抜歯して、インプラント治療をする際は、必ず必要な術式ですね!