トップページ > 院長ブログ > 親知らず、どう抜く?

親知らず、どう抜く?

右下の歯を横から断層したCT画像です。

オレンジの矢印が、ななめにはえた「親知らず」です。
その前方にある臼歯(奥歯)と接触し、虫歯になっています。

青い矢印が、「下歯槽管」 神経ですね。

このまま親知らずを抜歯すると、右側面の下唇周囲にマヒが起こります。
しかし、抜かないと、その前方の歯はむし歯で痛みがでます。
抜かずに、その前方の歯を治しても、時間とともに、その歯を抜くなくてはいけなくなる。。。
前方の歯は できるだけ抜かずに治したい。

親知らずを どうやって抜きましょう!?
前方の歯を どうやって 抜かないように治療をしましょうか?

治療計画、とっても大切ですね。

宮崎歯科医院の治療は痛くない治療です



このような場合は、矯正治療を併用します。
前方の歯は根管治療でできる限り抜かないで残す。
親知らずは安全に抜く。

治療は、治療計画が大切ですね!