トップページ > スタッフのブログ > 今週のお花❀☺❀

今週のお花❀☺❀

平成25年6月18日

少し梅雨らしい天気になってきましたね。
木下は毎日折り畳み傘を忍ばせていますよ。
しかし沖縄地方はもう梅雨が明けてしまったそうで、この分ですと東京も早いかもしれないですね。


虎ノ門 宮﨑歯科医院では、待合室にお花を飾っています。
『愛花』 様には毎週きれいなお花を活けていただき
今週も患者様にご好評をいただいてます。

※ 今週の患者様談 ※ 
(^O^)/  
  紅花の時期か~~。
       

また『愛花』 様には、お花の特徴や花言葉も
教えていただいてますので、
皆さんにもご紹介いたしますね!!


今週は2種。
紅花  ユリ


✿紅花
エジプト原産といわれ、古くから世界各地で栽培されている紅花。
日本にはシルクロードを経て4 ~6世紀ごろに渡来したといわれています。
古くは末摘花(すえつみばな)、紅藍(べにあい)、久礼奈為(くれない)とも呼び、
梅雨の時期から梅雨明けにかけて、真黄色の花を咲かせます。
ちょうど今が見頃ですね。
花は丸い蕾の先端に丸く形どられ、花びらが複数ありトゲトゲしています。
それは見た目だけで実際は柔らかいです。
咲き始めは鮮やかな黄色の花ですが、やがて色づき赤くなります。
種子は花1つにつき10~100個ほど、ヒマワリの種を小さくしたような種子がつきます。
花は柔らかいのですが葉のふちに鋭いトゲがあるので注意です!!
花言葉は 『情熱』


✿ユリ
オレンジのLAリリーです。
例のごとくまだ蕾ですが、気温が高いので今日にでもいっきに開きそうです。
開いたら、オレンジのベニバナとオレンジのユリでとても鮮やかになりそうですね。
1992年に紹介されたLAハイブリッドは、多くあるユリの分類種の中でもまだ新しい分類種とされています。
木下L・Aとは何かちょっと調べてみました。
カラフルなLAハイブリッド系はロンギフローラム系(L)と
アジアティック系(A)との交配種であるためLAというそうです。
色彩が豊かなアジアティック系と、花の形状がエレガントで香りの高いロンギフローラム系の掛け合わせです。
ロンギフローラム系からは特徴的なトランペット状の花(鉄砲百合など)、強靭さと切り花としての持ちの良さを得て、
アジアティック系からは暖かな色味と直立した萼を受け継いでいます(透かし百合など)。
綺麗で持ちの良いLAハイブリッド系が今ではもっとも多い品種になっているそうですよ。
花言葉は 『純潔』 『甘美』