トップページ > インプラントに関するブログ > インプラント治療には CT

インプラント治療には CT

平成25年8月28日

他院にてインプラント治療を受けた患者さまが当院を受診。

左はデジタルレントゲン写真。
かみあわせを考慮しないインプラント治療、インプラント部の痛みと上部構造(かぶせもの)の破損で来院されました。








虎ノ門 宮崎歯科医院ではCT撮影が可能です。

この症例をCT撮影すると、左のような立体画像で診査診断することが可能です。

これにより、より診断が正確に、より安全な治療が可能となります。








問題のインプラントは①の黄色の丸印の中のインプラント。
③の方向からのCTの断層画像
が②です。

インプラント周囲には透過像(黒く見える)がありますが、一見普通ですね。










これを
別方向④の断層画像で見ると、インプラント周囲に骨が全くないことがわかります。
レントゲンだけでは診断が難しいのです。

このような症例では、インプラントは除去し、更に骨を再生させる、あるいは別部位にインプラントを埋入する必要があります。

患者さまにお聞きしたお話では、この症例では、インプラント治療の際に、CT撮影をしていなかったようです。

今後は、インプラント治療の際は、CT撮影が不可欠でしょう。