根管治療 CT

左下奥歯の根管治療の症例です。他院より継続治療を依頼され、根管治療を行いました。写真はその歯科用CT 3次元画像

問題は黄色の矢印の先です。CT断層画像で診ると根管に穿孔がみられます。

以前の治療でむし歯が深く、穴があいてしまったのでしょう。
穴があいてしまうと、予後がよくありません。

このような症例では、MTAセメント使用します。
通常通りの根管充填を行い、そのご、穿孔部位の出血を水酸化カルシウムにて止血します。
止血後はMTAセメントを貼薬します。いまある咬合時の違和感や痛みは少しずつ改善します。

CTでは、従来のレントゲン画像では陰に隠れて見えなかった部分まで、詳細なる画像として把握することができます。
様々な方向から、生体を立体として把握することが可能なCT撮影。根管治療に限らず、すべての治療で安全確実な治療を約束してくれます。