トップページ > スタッフのブログ > 今週のお花❀☺❀

今週のお花❀☺❀

平成25年10月1日

10月になりました。
早いですね~~。
大人になればなるほど1年が早く感じます。
まだ今年の目標を達成してない木下・・・あと3か月で頑張ります!!

虎ノ門 宮﨑歯科医院では、待合室にお花を飾っています。
『愛花』 様には毎週きれいなお花を活けていただき
今週も患者様にご好評をいただいてます。

※ 今週の患者様談 ※ 
(^O^)/  いつも本当に綺麗ね。

       

また『愛花』 様には、お花の特徴や花言葉も
教えていただいてますので、
皆さんにもご紹介いたしますね!!


今週は5種。
クジャクソウ  フジバカマ  スプレーマム  カサブランカ  リンドウ


✿クジャクソウ
久々ですね。
クジャクソウ。
白くて丸くてポンポンしてて雪のようですね。
長い茎がたくさん枝分かれして多数の花を咲かせるところから、
孔雀の尾っぽの羽根に見立てこの名前がついたとか。
クジャクソウは草丈が高く花は夏から秋にかけて沢山の花を咲かせます。
花の大きさは2cmぐらいの大きさから、3cmぐらいと一回り大きい花を咲かせる種類もあります。
とても強いお花なので育てやすいですし、活けるときもお花が次々開くので、
葉っぱの手入れをしてあげれば長く楽しめそうですよ!!
花言葉は 『飾り気のない人』


✿フジバカマ
フジバカマは「秋の七草」の一つで、万葉の時代から人々に親しまれてきた植物です。
ちなみに 
萩(はぎ)  薄(すすき)   葛(くず) 撫子(なでしこ) 
女郎花(おみなえし) 藤袴(ふじばかま) 桔梗(キキョウ)
が秋の七草です。
フジバカマは夏の終わりから秋の初めに
茎の先端に直径5mmほどの小さな花を長さ10cm前後の房状に多数咲かせます。
川沿いの湿った草原やまばらな林に見られ、まっすぐに伸びる茎に、3裂する葉が対になってつきます。
でも日本では自然に自生する姿は少し減少しているようです。
寂しいですね。
花言葉は 『ためらい』


✿スプレーマム
濃い紫色がとっても綺麗な菊ですね。
スプレーは茎が沢山広がっていることを、マムは菊のことですね。
スプレーマム(=スプレーギク)は、蕾を摘まずに房状に花を咲かせるキクのことです。
欧米では一輪仕立てをスタンダードと呼び、房咲き仕立てをスプレーと呼んで区別しています。
1本の茎に多くの花をつけるためボリューム感と可憐さを兼ね備えています。
このスプレーマムは一重咲き。
菊にはあまり見えませんが葉を見るとわかりますよ。
花言葉は 『高尚』 『清浄』


✿カサブランカ
ユリの女王様。
カサブランカをワンポイントにおいていただきました。
オリエンタルハイブリッドの一品種。
開花時期は7~8月。
1970年代にオランダで作出され、世界的なブームを呼んだこのカサブランカ。
贈り物の花束として喜ばれる花ですよね。
香りもいいですし、花持ちもユリはいいので是非男性の皆さんもプレゼントに(笑)
花言葉は 『荘厳』


✿リンドウ
リンドウは季節なので夏と秋は大活躍ですね。
木下はなぜか小さいころからキキョウとリンドウが区別がつかなくて・・・
昔は蕾が風船みたいに膨らんでつぶせるのがキキョウで
つぶせないのがリンドウと区別していました。
つぶすとぱちんとなって楽しいのですよ。
実家のキキョウをたくさんつぶしました(笑)
でも今つぶさずにブログのおかげで何とかわかるようになりましたよ。
花言葉は 『悲しんでいるあなたが好き』