新しい目で診る

近年、医療用画像機器が飛躍的に進歩しています。

従来のレントゲン写真は、生体の硬組織(歯、骨)を診るために、最適な診断方法でありましたが、現在ではフィルムからデジタル化され、画像も明瞭になり、またCT撮影も可能となりました。







このような技術革新は、歯科医師が診断を下し、治療計画を立てる上で有用なだけでなく、患者さま自身が身体や病気を理解し、治療や健康について考えることのできる機会が増えた事を意味しています。


CT撮影による画像技術の向上は、機器の「目」が医師の「目」を助けることとなり、診断の正確性を向上させる一助となっています。










宮﨑歯科医院でも導入しているCT機器による画像は、様々な方向から、生体を立体として把握することが可能です。そのため、従来のレントゲン画像では陰に隠れて見えなかった部分まで、詳細なる画像として把握することができます。



「医師の診断能力の向上」
これなくしては、飛躍的に進歩した医療用機器も宝の持ち腐れですが、 「機器の目」は、「医師の目」と、「患者の目」を助ける事は間違いないようです。

当院では、インプラント治療、歯周再生治療、根管治療、親知らずの抜歯等、

CT機器を活用し、治療計画を立案、最小の侵襲で最大の効果をあげるよう日々精進しております。